• facebookpage

© Copyright 2017 Seikagakuen Shunan

Contact Us

Tel: 0834-33-9314

Address

「学校法人山口精華学園

   精華学園高等学校​ 周南校」

〒745-0845

山口県周南市河東町9-35

LINK

学校法人山口精華学園 精華学園高等学校

本校
山口県山口市小郡栄町5番22号

URL:https://www.seikagakuen.ac.jp

開校のストーリー

​歓迎のあいさつ

私たち周南校では、こどもたち一人ひとりの心を大切にしています。今何がしたくて、将来どうなりたいのか?それらを「主体的に考え」、「積極的に学べる」取り組みをしてまいります。また、コミュニケーションスキルであるコーチングを活用し、権威や指示命令強制型ではない、場づくりを心がけています。

校舎長 本田 篤嗣 (Honda Atsushi)

講師陣

​山口  功

​美術博士、英語指導、他

坪郷 浩一

工学博士、数学指導、他

準備中

準備中

準備中

準備中

準備中

準備中

準備中

準備中

NHKニュース(特集)放送の様子

副校舎長の小松範之です。

あれは2017年の夏。今でも覚えています。

私は、フリースクールまなポートで、不登校の相談を受けていました。

 

相手は、高校1年生の息子さんを持つお母さんでした。

お母さんは、こう言いました。


「高校ぐらい卒業していないと、この子が社会に出た時に困ると思うんです。
だから、中学の時には不登校だったけど、なんとか普通高校に進学させました。
でも、ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、登校しなくなりました。」

 

小松「息子さんは、やりたいことはないんですか?」

 

お母さん「何もないようです。ただ、部屋にこもって、昼夜逆転しています。

イライラしているので、なんて話しかけたらいいのか分かりません・・・」


やりたいことがなく、勉強する意味が分からない。それなのに、学校では勉強で競争を強いられる。そんな状況の中で、勝ち組と負け組が決まっていく。

 

高校生ともなれば、中学校時代より進路の問題がシビアになります。
そして、ますます他人との順番をつけられてしまいます。

 

中学校時代に不登校の経験があり、勉強がついていけない生徒もいます。
あるいは、発達障害があって集団行動そのものになじめない生徒もいます。

 

そんな生徒は、進路競争のもとで切り捨てられ、二度と浮かび上がれない・・・。
それが本当に教育の目的なんだろうか?


振り返れば、私自身、かつては公務員でした。受験勉強を勝ち抜いた「勝ち組」です。

 

しかし、その生活は、偽りに満ちていました。自分に嘘をつき続けていたからです。
「親の言うとおりに生きている自分は幸せなのだ」と。

 

しかし、息子が生まれて、私の人生は変わりました。
この子が、生まれてよかったと思える社会に変えていきたい。
自分の子どもだけではなく、すべての子どもが幸せと思える社会に!

 

それは、私にとって使命だと感じました。
だから、11年間にわたる公務員生活に終止符を打ち、コーチとして独立しました。


「人にとって本当に幸せなのは、自分の責任において、やりたいことをやる生き方。
その生き方を、私は子どもに教えることができる。
そして、何より、挑戦し続ける自分の生き方を、子供たちに見せていく。」

 

そんな思いで、始まったのが、精華学園高校周南校です。

子どもにとって、高卒の資格を取ることも大事ですが、
やりたいことをみつけるのも、もっと大事。

私は、生徒と一緒に学び続けたいと思います。


         副校舎長

       小松 範之

​精華学園高校周南校の教室

​公務員時代の一枚

当時2歳の息子と。

​フリースクールまなポートで授業の様子

保護者さんの声

まなポートに通いながら高校に通えるのはありがたいです。

(子供は)勉強が楽しいと言ってます。生き生きとしていて私も元気になります。(子供には)色々なことを経験して、自分のやりたいこと見つけて欲しい。

小松さんには、感謝しかありません。

いつも、ありがとうございます。

​(Sさま)